離乳食に使う根菜の冷凍保存方法

毎日の離乳食作りで役立つ、根菜の冷凍保存の方法をご紹介していきたいと思います。
MENU

離乳食に使う根菜の冷凍保存方法

大根・かぶ・にんじん

 

じゃがいもやかぼちゃ等の他にも、大根やニンジンといった根菜はよく使っていく食材ですが、その都度茹でていくには柔らかくするまでに時間が掛かってしまい、早く仕上げたい時にヤキモキするもの。こうした根菜も冷凍保存しておくと時短になりとても便利です。

 

【離乳時期に合わせた冷凍保存】

・初期

適当な大きさに刻んでおいた根菜をすり潰して、なめらかなペースト状にします。ペーストになった野菜を製氷皿に入れて冷凍し、完全に凍ったら冷凍保存袋に移して冷凍しておきましょう。

・中期〜完了期

離乳食の段階に合わせた大きさに刻んでおき、それを製氷皿やラップに1食分ごとにラップに包んでおきます。包んだら冷凍保存袋に入れて冷凍庫に入れておきましょう。

 

【根菜の冷凍保存する時のポイント】

根菜は、小さく切ってから茹でていくと、柔らかくなるまでに時間がかかってしまい、柔らかくなりにくいので、少し大きめに切って茹でていくのがおススメです。

 

やわらかく茹であがったら、離乳時期に合わせて刻んでいくと美味しく仕上がります。特にニンジンは最初に棒状に切っておくと、茹であがった後の刻みもやりやすく、均等に刻んでいけるのでおススメです。

 

【作り方】

大根やかぶ・にんじんは皮を剥いておきましょう。その後は離乳時期に合わせた大きさよりも少し大きめに刻んで、水が入っている鍋にいれて火にかけていきます。根菜は水から茹でていくのが基本です。

このページの先頭へ